16142580_730227347144287_1498325194247313085_n.jpeg が癌を宣告されて3年が経ちました。余命2年と言われました。肺がん
「うそだ・・・」って思いながら、、より長く生きてくれるためには何を、どんなことをしたら
いいのだろう。3女は東京から熊本へ戻ってきました。私は車があり、実家天草に仕事の合間で
三角の済生会という病院に連れて行ったり。次女は沖縄に住んでいて、夫婦どちらも医者ということで、医学の知識に詳しいので、最適な治療についての色んな治療法を徹底的に調べて、びわの葉、こんにゃく両方、飲み薬、、、、などの提供を。髪の毛が全部無くなり、、私自身、とっても悲しくって、カツラを買ってあげました。
1年位前から熊本市の中央病院での治療が始まり、抗がん剤を入院、もしくは外来で投与しながら
自宅との生活となりました。副作用がひどく、5キロほど痩せたこともありました。

熊本市の病院の治療がほぼ、1ヶ月に1回、もしくは2回、
行きはが自分でバスで熊本市へ。帰りは私が車で天草へ送っていきます。
抗がん剤の種類によって症状がそれぞれ違います。ついこの間から、、肺がんの種類が変わったと。
小細胞癌に。これはかなりの進行性。
でもまだ私たちは望みを捨てずにいます。しかし、、、
も、、余命2年はとっくに過ぎ、、最近「私が死んだら、、、家は、、葬式は、、墓は、、」
と言うようになりました。準備をしているのでしょうか。病院の先生には「先生、細く、長くですよね。まだあと、1年ま持ちますかね?」とかきいていたようです。
 今日、先生とと私と前回の抗がん剤後の結果や様子について病院で話しました。
その時、先生が、、ちょっと、、って私に小さな声で言われました。その際、看護師さんは
別なところで、、、
先生が、、、「おさんが、、もう一年大丈夫ですかね?っと言われたりするんですが、、
ずっとにごしてきてるんですが、、、実際、むすめさん、、一年は持ちません。小細胞癌はもって一年、お母さんの場合は1年は持たないと思います。」と言われました。。
一瞬、「うそだ、、、」涙が溢れそうに。。。
まだまだ、、気持ちの準備ができてない。母は、いっつも、、私の仕事の邪魔にならないように、、
病院の先生との話、行き帰りのこと、、「あなたは仕事があるから、、いいよ。自分でできることは、するよ。」って言っていました。娘達の受験も、、「迷惑になるといけないから、泊まらない」って。
たくさん、、反抗ばっかりしてきた私。。。どうにか、最後、親孝行をしないと、、私、後悔する。
今日は妹二人に電話をしました。これから私たちに何ができるか。。を。
母には最後まで伝えません。このことは。



スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索